文字サイズ

東海(恵南)豪雨 平成12年(2000)9月11日

提供:国土交通省中部地方整備局

マリアナ諸島で発生した台風14号は、9月12日3時には中心付近の気圧が935hPaと非常に大きな勢力を保ちながら、ゆっくりと西に進んでいきました。一方、本州上には秋雨前線が停滞し、この前線に向かって台風からの暖かく湿った空気が流れ込み、東海地方では大気が非常に不安定な状態となりました。

災害の概要と被害

庄内川水系では都市型水害を引き起こし、矢作川水系では矢作ダムの計画規模を超える豪雨が襲った。

(庄内川水系)
 台風14号に刺激されて活発化した秋雨前線は、愛知県内の時間最大雨量の記録を更新するなど、県内の各地に猛烈な雨をもたらしました。中でも名古屋市の浸水被害は甚大で、人口・資産・インフラが集中する「都市を襲う災害」への対策の重要性を再認識させた水害となりました。

(矢作川水系)
 岩津水位観測所では、9月12日午前8時に最高水位7.93mを記録するなど、過去最大級の出水となりました。このため、各地で土石流や流木による被害、さらに河川の氾らんや低平地の浸水などの災害をもたらしています。また、中山間地域では各地が孤立状態となるなど、深刻な事態を招きました。

新川の堤防決壊による西枇杷島町の浸水状況(清須市)

河川の氾らんにより浸水した主要地方道豊田明智線小原地内(豊田市)

●総降雨量分布

気象庁

●庄内川の出水状況

枇杷島水位観測所 (国土交通省) ※警戒水位等は、当時の対象水位を示す。

●矢作川の出水状況

岩津水位観測所(国土交通省) ※警戒水位等は、当時の対象水位を示す。

各所で大規模な被害、名古屋市周辺では内水により19km²が浸水。

 名古屋市および周辺地域では、広範囲に内水被害が発生しました。また、愛知県西部を流れる一級河川新川では堤防が決壊するなど、各所で浸水による大きな被害が出ました。

中部の水害東海豪雨

●一般被害状況

人的被害は消防庁調べ、その他は水害統計

区 域 死 者
(人)
行方不明
(人)
負傷者
(人)
床上浸水
(戸)
床下浸水
(戸)
全壊・流失
(戸)
半 壊
(戸)
岐阜県 1 1 229 274 25 12
愛知県 7 107 27,606 41,154 14 113
三重県 1 1 252 1,654 2
静岡県 1 0 4 35
長野県 0 2 69 428 2 5
10 0 111 28,160 43,545 41 132

(庄内川水系および天白川)被害状況と現況

愛知県の年間総雨量1/3の567mmが2日間で降り、時間最大93mmを記録した大雨が
もたらした大規模な都市型水害。

災害状況

 9月11日、大型の台風14号と、動きを活発化させた秋雨前線によって発達した雨雲は、11日夕方から夜遅くにかけて愛知県内の各地で記録的な雨を降らせ、翌12日の明け方まで続きました。
 庄内川・新川流域では、11日午後7時に時間最大雨量93mmを記録、11日未明から12日までのわずか2日間で、年間総雨量(約1,700mm)の1/3にあたる567mmもの大量の雨が降りました。この結果、庄内・新川流域・天白川流域など、名古屋市および周辺地域で、多数の深刻な浸水被害が発生しました。また、新幹線や在来線を含めた公共交通機関が不通となり、道路も冠水によって寸断されるなど、名古屋市の都市機能は完全に麻痺しました。

新川の堤防決壊による名古屋市西区、愛知県西春日井郡西枇杷島町(清須市)の浸水状況

◇ 庄内川

庄内川の出水状況

◇ 新 川

新川堤防決壊箇所付近の浸水状況

◇ 天白川

名古屋市天白区平子橋付近の浸水状況

名古屋市天白区井の森町 浸水状況

現 況

 東海豪雨で被災した庄内川・新川・天白川では「河川激甚災害対策特別緊急事業」が採択されました。中部地方整備局と愛知県では、平成12年度から5年間にわたって庄内川・新川を再度、災害防止の事業が行われました。

庄内川 大当郎橋(名古屋市中川区大蟷螂町)

庄内川 稲葉地地区(名古屋市中村区城屋敷町)

庄内川 大治(愛知県海部郡大治町)

新川洗堰(名古屋市西区)

天白川 現況(名古屋市天白区)

清須市庄内川水防センター

(矢作川水系)矢作ダムの洪水状況と被害状況

計画規模を超えた流量に対し矢作ダムは洪水調節機能を発揮したが、
記録的な豪雨は被害を拡大していった。

 矢作ダム上流の山間部には、9月11日未明から400mmを越す大量の雨が降り続き、流域の観測所の多くで日雨量が過去最高記録を更新しました。
 矢作ダムではダムへの流入量が最大3,218m³/sとなり、矢作ダムの設計洪水流量2,900m³/sを上回りましたが、この記録的な流入量を矢作ダムで貯めることによって、下流河川への放流ピーク時間を2時間40分遅らせることができました。この結果、約70cmの水位低下(基準点・岩津)を実現するなど、洪水調節機能を発揮しました。
 こうした洪水調節により水位低減が図られたものの、下流部では河川氾らんや内水被害が発生。
 上流部では、土石流や道路の寸断によって各地域が孤立、上流から下流までの広域にわたって甚大な被害をもたらしました。

ダムの能力を超える出水により、非常用ゲートで放流

●矢作ダム洪水調節図
●矢作川基準点での効果

[矢作川基準点岩津(河口より約29.2km地点)の水位観測]

被害状況

土石流により家屋が埋没した上矢作町達 原(岐阜県恵那市)

国道418号に土砂が流出した上矢作町達原(岐阜県恵那市)

松ヶ沢・上矢作町紺屋井の被害状況(岐阜県恵那市)

稲武町大野瀬地内での土砂災害状況(豊田市)

矢作ダム湖上流(旭町牛地)の沢ぬけの状況(豊田市)

土砂流出により寸断した稲武町の道路(豊田市)

(矢作川水系)被害状況と現況

災害状況

矢作ダム湖を覆う流木

280万m³の土砂が異常堆砂した矢作ダム(恵那市串原)

矢作川(旭町笹戸地区)の濁流(豊田市)

落橋した富国橋(豊田市富田町)

豊田スタジアム付近の出水状況(豊田市)

矢作川19km付近右岸の浸水状況(岡崎市)

現 況

 矢作ダムには280万m³の土砂、3万5千m³の流木が流れ込みました。このため、緊急的に堆積土砂や流木の処理を行うとともに、下流警報区間に10カ所の監視カメラおよび屋外表示板を設置するなどの、情報伝達の充実・強化が図られています。

流木引き揚げ場所/恵那市串原(引き揚げ量:約21,000m³)

矢作ダム湖に堆積した砂を掘削

矢作ダム上流部上矢作町の現況(岐阜県恵那市) 提供:岐阜県

御立築堤・護岸(豊田市)

提供:国土交通省中部地方整備局


このページの先頭へ