文字サイズ

秋雨前線・台風21号 平成16年(2004)9月28・29日

提供:国土交通省三重河川国道事務所

平成16年は、実に10個もの台風が日本に上陸し、災害が多発した年でした。その内、9月から10月にかけて立て続けに上陸した台風21号・22号・23号は、それぞれ三重・静岡・岐阜県を中心に被害を与えるなど、深刻な事態となりました。

状況と被害

最大時間雨量119mmを記録、三重県内の各地で豪雨被害が発生。

 台風21号の接近にともなって、三重県南部を中心とした各地域では、9月の月間降雨量をはるかに超える観測史上最多の雨量を記録しました。宮川村(現・大台町)では、9月の一ヶ月平均値620mmを上回る753mmの雨が降るとともに、宮川観測史上最大となる時間最大雨量119mmを記録。6件の土石流を始めとして、地すべりや崖崩れの計10件の災害が発生し、6名の死亡者が出るなど最悪の事態となりました。
 宮川の岩出水位観測所では、観測開始以来最高の水位となる10.16mを記録。伊勢市内では、床上浸水や路面冠水などの浸水被害が広がりました。また、雲出川水系では床上浸水や床下浸水、櫛田川水系では2箇所にわたる越水。道路においても、国道23号が各地で冠水、国道42号では道路が決壊するなど、三重県内の幅広い地域で雨による災害がもたらされました。

船津川(三重県紀北町) 提供:三重県


●総雨量分布

気象庁

●台風経路図

(位置は3時間毎)

●宮川の出水状況

※警戒水位等は、当時の対象水位を示す。

●一般被害状況

消防庁調べ

県 名 死 者
(人)
行方不明
(人)
負傷者
(人)
床上浸水
(戸)
床下浸水
(戸)
全壊・流失
(戸)
住家半壊
(戸)
三重県 9 1 2 2,532 3,316 46 23

災害状況と現況

●出水状況

宮川4.9km近鉄宮川橋梁付近(三重県伊勢市小俣町)

●現 況

三重県伊勢市辻久留

●出水状況

船津川(三重県紀北町海山区) 提供:三重県

●現 況

船津川(三重県紀北町海山区) 提供:三重県

●災害状況

三重県宮川村滝谷地区 提供:三重県

●現 況

三重県宮川村滝谷地区

提供:国土交通省三重河川国道事務所


このページの先頭へ