文字サイズ

台風23号 平成16年(2004)10月20日

提供:国土交通省木曽川上流河川事務所

秋雨前線を巻き込んで日本列島を北上して行った大型の台風23号は、南は沖縄・九州の西日本から北は福島県までを含む東日本の広い範囲に、大きな被害を与えました。死者・行方不明は98人にも上るなど、平成になって最悪の台風災害となっています。

状況と被害

長良川で過去最大の出水、上流・中流の各所で浸水被害。

 東海地区では岐阜県の被害が特に大きく、飛騨市・高山市・郡上市・美濃市・岐阜市・関市・大垣市などの広い地域で、家屋の全壊や床上・床下浸水などの浸水被害が発生しました。高山市では災害救助法の適用がなされ、避難所の設置、食品・飲料水の供与等が実施されています。
 また、長良川では過去最大の出水となり、河川沿いの主要な道路や鉄道が冠水のため不通となりました。JR高山本線では高山~猪谷駅間で橋が流されるなどによって不通となり、この間が全面復旧するまでにはほぼ3年間の歳月を要するなど、交通にも深刻な打撃を与えています。

岐阜市長良地区の出水状況


●総雨量分布図

気象庁

●長良川の出水状況

※警戒水位等は、当時の対象水位を示す。

●一般被害状況

岐阜防災局

県 名 死 者
(人)
行方不明
(人)
負傷者
(人)
床上浸水
(戸)
床下浸水
(戸)
全壊・流失
(戸)
半 壊
(戸)
岐阜県 6 2 18 946 2,176 10 58

災害状況と現況

 地域の水災防止力の向上を図るために、浸水想定区域の指定を中小河川へ拡大。中小河川における洪水情報等の提供の充実(特別警戒水位の設定)、水防協力団体制度の創設などが新たに定められました。

●災害状況

岐阜県郡上市八幡町西之原 提供:岐阜県防災局

●災害状況

長良川の出水状況(岐阜市長良橋上流)

●災害状況

左から牧田川、杭瀬川、揖斐川の出水状況

●現 況

長良川右岸(岐阜市長良地区)

●現 況

牧田川、杭瀬川、揖斐川 平常時(平成17年撮影)

提供:国土交通省木曽川上流河川事務所


このページの先頭へ