文字サイズ

台風12号 平成23年(2011)9月3日

提供:国土交通省中部地方整備局

大型で強い台風12号は、平成23年9月3日に高知県東部に上陸しました。台風の動きが非常に遅かったため、長時間にわたって台風周辺の非常に湿った空気が流れ込み、西日本から北日本にかけて、山沿いを中心に広い範囲で記録的な大雨となりました。

災害の概要

記録的豪雨により、三重・和歌山・奈良で甚大な被害の発生。
紀伊半島は、戦後最大規模の土砂災害。

 8月25日に発生した台風12号は、日本の南海上をゆっくり北上して9月3日10時前に高知県東部に上陸し、四国、中国地方を縦断して9月4日未明に日本海に進みました。台風12号は非常に動きが遅く、上陸後も大型の勢力を保ったため、紀伊半島の南東側斜面に発達した雨雲がかかり続け、記録的な大雨による土砂崩れにより17箇所の河道閉塞が発生しました。
 東海地方ではこの台風の接近に伴い、三重県で8月30日夜から雨が降り始め、9月5日朝にかけて県南部を中心に長時間にわたって激しい雨が降りました。総降水量は大台町宮川で1,630.0mm、御浜で1,085.5mmを記録しました。三重県の宮川では計画高水位を上回るなど、浸水被害が発生しました。

 東海地方に隣接する近畿地方の総降水量は奈良県大台ヶ原(国交省所管)で2,400mmを越え、奈良県上北山村上北山で1,805.5mm、奈良県十津川村風屋で1,358.5mmを記録しました。奈良・和歌山・三重の三県にまたがる熊野川では計画高水位を約20時間上回り続けたため、沿川の相野谷川では広範な浸水や輪中堤の一部が転倒するなど河川構造物もいたる所で被災しました。また、紀伊半島では土砂災害も多発し、河道閉塞や道路の被災が多数発生しました。

計画高水位を上回った熊野川の支川・相野谷川の輪中堤被災状況

●台風経路図

気象庁

●解析雨量による総降水量分布図(推定)

気象庁

●一般被害状況

消防庁(12月15日 18:00現在)

県 名 死 者
(人)
行方不明
(人)
負傷者(重傷)
(人)
全 壊
(戸)
半 壊
(戸)
一部破損
(戸)
床上浸水
(戸)
床下浸水
(戸)
河道閉塞
(箇所)
和歌山県 52 5 5 239 1,742 90 2,680 3,147 4
奈良県 14 10 5 48 62 15 13 37 13
三重県 2 1 5 81 1,076 70 700 832 0
静岡県 0 1 1 0 0 0 1 25 0
愛知県 0 0 2 0 0 0 0 0 0
岐阜県 0 0 1 0 0 0 0 0 0

災害状況と被害

井戸川(熊野市)での被災状況 JR橋梁の損傷

TEC-FORCEによる被災状況調査(三重県熊野市等)

 宮川の岩出地点で計画高水位9.61mを超える10.08mの最高水位を記録しました。これにより、8.9haの浸水被害が発生しました。

宮川 右岸7.4km 浸水の状況

宮川 左岸6.9km 度会橋の状況(CCTV 映像)

●宮川雨量観測所(国土交通省所管)

●岩出水位観測所(宮川左岸11.6k:度会郡玉城町)

提供:国土交通省中部地方整備局


このページの先頭へ